お金を借りる

銀行にあるローンの種類

銀行には用途に応じて様々なローンがあります。

 

どんなローンがあるのかは銀行によって違いますが、今回はその中でも特に取り扱われていることの多いものを紹介します。

 

住宅ローン

家やマンションを買う場合、現金ではなくローンで購入するのが一般的です。銀行以外にも、様々な金融機関が住宅ローンを取り扱っています。

 

住宅ローンの特徴は借入金額が大きいこと。数千万円のローンになるのが一般的です。金利は他のローンに比べて非常に低く、返済期間は10年から35年とかなりの長期間になります。

 

高額・長期間の借り入れになるため、土地や建物を担保とします。そのため、どの程度のローンを組むことができるかは、家や土地の評価額が大きく影響します。

 

審査に必要な書類が多く、審査時間もかかる手間の多いローンです。ローンを組む際に必要となる手数料や保証料も高額です。

 

教育ローン

授業料や入学金などの支払いに使うことのできるローンです。
特徴としては、用途が教育資金に限られるかわりに比較的金利が低いこと。

 

教育ローンと似たものに奨学金がありますが、学生本人に返済の義務が生じる奨学金とは違い、教育ローンを利用するのは保護者で、返済するのも保護者になります。

 

そのため、返済開始のタイミングにも違いがあります。奨学金の返済は学校を卒業し、就職してから返済を始めますが、教育ローンでは借り入れ翌月から返済が始まります。

 

また、教育ローンには銀行などの民間によるものと、国が主導する公的な教育ローンがあります。

 

公的な教育ローンの代表が、日本政策金融公庫による「教育一般貸付」です。融資額は子ども1人あたり350万円以内。

 

返済期間は15年と長期です。金利も非常に低いのですが、そのかわり借り入れ条件が厳しくなっています。

 

教育一般貸付が利用できるのは、年収が一定以下の世帯のみです。例えば、子どもが1人の場合は世帯年収790万円以下が条件になります。

 

一般的に、ローンの金利や条件は返済能力の高い人、つまり年収のある人の方が有利になります。

 

しかし、教育一般貸付においては年収があるほど不利になるため、申し込みの際は注意が必要です。

 

自動車ローン

自家用車を購入するためのローンです。マイカーローンやオートローンという名称のこともあります。

 

用途が決まっているため、用途自由のローンと比べると金利が低いです。

 

ただし、借入金額が大きければ金利が低くても利息はそれなりの金額になります。

 

返済額を抑えたい場合は、頭金を多めに準備すると良いでしょう。

 

自動車ローンの場合、保証人が必要になることもあります。親や兄弟などにあらかじめ相談しておきましょう。

 

フリーローン

用途が決められていないローンです。

 

好きな目的に利用することができますが、用途が決まっているものと比べると金利は高めです。

 

フリーローンに似たものにカードローンがありますが、フリーローンの場合、借り入れは一度だけとなります。

 

カードローン

用途が決められておらず、自由な使いみちで利用できるローンです。

 

最大の特徴は、限度額の範囲内なら何度でも借り入れが可能であるということ。

 

一度カードをつくれば新たな申し込みをしなくても、何度でもお金が借りられます。

 

非常に便利ですが、その反面、簡単に借りてしまいやすくなるというデメリットもあります。

 

簡単に借りることができたとしても借金は借金です。お金を借りる前には、きちんと返済計画を建てましょう。

 

事業ローン

事業資金を借りるためのローンです。ビジネスローンと呼ばれることもあります。

 

フリーローンやカードローンは用途自由と謳っていますが、事業資金への利用は例外的に禁じていることがほとんどです。

 

事業目的でお金を借りる場合は、専用のものを利用しましょう。

 

事業資金を借りる方法には、銀行以外にも日本政策金融公庫を利用する方法もあります。

 

申し込みには手間がかかりますが、そのかわりに金利が低いです。

 

その他の目的ローン

今回紹介した以外にも、結婚資金や新婚旅行などの資金を借りられるブライダルローンや、旅行費用に使えるローン、入院費や治療費に使用できる医療ローンなどがあります。

 

用途が決められているローンは用途自由のものに比べると低金利であることが多いです。

 

カードローンやフリーローンに申し込む前に、使える目的ローンがないかチェックしてみましょう。

 

銀行でお金を借りるために必要な条件は?

ローン契約の前には必ず審査が行われます。審査に通過しなければお金は借りられません。
では、審査ではどのような点がチェックされているのでしょうか?

 

収入

お金を借りたら当然返さなくてはなりません。

 

銀行がお金を返せる人かどうか確認する際に最も重視されるのが収入の状況です。

 

審査に通過するかどうかも、いくらまで借りられるかどうかも年収によって決まります。

 

そのローンを組むのにどの程度の年収が必要になるかは、銀行や商品によって異なります。

 

住宅ローンの場合、年収の5〜6倍までが目安とされています。

 

年収300万円の場合、組めるのは1500万円から1800万円の住宅ローンということになります。

 

金額も重要ですが、一定であるかどうかも重要になります。

 

フリーランスなどで収入に上下のある場合、時期によって返済能力が大きく変化することになるため、ローンの審査は厳しいものになります。

 

収入のない人の場合、ローンの審査に通過するのは非常に難しいです。

 

年金は収入にカウントされないことが多く、年金収入のみの人がローンを組むのは困難です。

 

専業主婦の場合、配偶者に一定の収入があればお金を借りることができるのですが、最近はローンの審査が厳しくなっており、本人収入のない主婦がローンの契約をするのは難しいです。

 

信用情報

ローンの審査で収入と同じぐらい重視されるのが信用情報です。

 

信用情報とは、クレジットカードやローンなど個人の借金の情報がまとめられたもので、個人信用情報機関が管理しています。

 

信用情報には、ローンやクレジットカードの申込状況、借入金額と返済状況、延滞の有無などが登録されています。

 

登録情報は項目の内容ごとに一定期間が経つと削除されることになっています。

 

ローンの審査では必ずこの信用情報を確認し、きちんと返済が行える人がどうかをチェックしています。

 

信用情報に延滞や債務整理、自己破産などの記録が残っていると、ローンの契約をすることができなくなります。いわゆる「ブラック」の状態です。

 

ローンの契約ができなくなった人を「ブラックリストに載った」と呼ぶことがありますが、実際にそういう名前のリストが存在するわけではありません。

 

信用情報に登録された情報は自分で照会することもできます。

 

特に心あたりがないのにローンの審査で立て続けに落ちてしまったという人は、一度信用情報を確認してみると良いかもしれません。

 

自己破産をしていた場合

自己破産についての情報も信用情報に登録されます。

 

信用情報に残るのは5年間。その間は銀行でお金を借りるのも、消費者金融で借りるのも、クレジットカードをつくることもできません。

 

5年経過すれば信用情報期間から自己破産の情報は削除されますが、銀行が加入している全国銀行協会(KSC)でも信用情報を保管しています。KSCの場合、自己破産についての記録は10年残るとされています。

 

つまり、自己破産をすると向こう10年間は銀行からの借り入れはできなくなるということです。KSCに加入していない消費者金融からであれば、お金を借りられる可能性はあります。

 

ただ、10年以上経過し、信用情報から自己破産の記録が消えても確実に借入可能とは限りません。

 

当然ですが、自己破産をした際にお金を貸してくれていた銀行から借りることができません。

 

信用情報は一定期間ごとに内容が更新されますが、銀行が独自に持っている顧客情報についてはその限りではありません。

 

他社からの借入状況

返済能力確認するうえで、他の借り入れについても調べます。信用情報を見れば、その人が今どこからいくら借りているかがひと目で分かります。

 

十分な収入がある人でも、すでに他から返済能力いっぱいまでお金を借りてしまっている場合は、審査に通過するのが厳しくなります。

 

消費者金融等の場合、総量規制というルールがあります。これは合計で年収の3分の1までの金額しか貸し付けてはいけないという決まりです。

 

総量規制では業者ごとではなく、総量規制の対象となる貸金業者全体で3分の1までと決まっています。

 

銀行からの貸付けは総量規制の対象外ですが、すでに借り入れが多い場合は審査通過が厳しくなることには変わりありません。

 

一般的に、年収に占める返済の割合である返済負担率は、40%までとされています。40%を超えると収入に対する返済の負担が非常に重くなり、スムーズな返済や新たなローンの契約・借り入れが難しくなります。

 

返済に追われて首が回らなくなってしまう前に、借り入れをまとめたり返済計画を見直したりなどの対処を行いましょう。

 

年齢

基本的にローンが組めるのは20歳以上です。
18歳から利用できるものもありますが、未成年者については保護者の同意が必要になっています。

 

上限についてはローンによって異なりますが、普通は定年退職を迎える頃までに返済が終わるように設定されています。

 

特に返済期間が長くなりやすい住宅ローンは年齢が大きく影響します。40歳の人が35年の住宅ローンを組むのは難しいです。

 

ローンを完済する頃には75歳、40歳のときと同じだけの収入があるとは考えにくいからです。

 

住宅ローンなどの長期ローンは若い人ほど有利で、30年以上のローンを組むなら30代のうちに申し込まなければなりません。

 

年をとってから家を買いたいという場合は、長期のローンを組まなくても良いように、貯金をして十分な頭金を準備しておきましょう。

 

勤続年数

安定した返済能力を考えるうえで、勤続年数は重要なポイントです。

 

有名企業に勤務していても、入社からまだ1月しか経っていないという人は不利です。

 

ローンの審査を受けるなら、最低でも半年以上今の職場に務めた実績が欲しいです。

 

できれば1年以上の勤務実績があると良いです。

 

職種

公務員な正社員など、安定した職業の人や、収入の多い人が有利です。

 

個人経営者やパート、アルバイト、派遣などの人は不利になります。

 

ただ、定期的な収入があることさえ証明できれば、非正規雇用の人でも返済能力に応じてお金を借りることができます。

 

正社員ではないからといって、諦めてしまう必要はありません。

 

住まいについて

持ち家と賃貸では、持ち家の方が有利になります。

 

持ち家の人の方が定期的な支出が少なく、同じ年収でも返済能力に余裕があると考えられるためです。

 

特に実家住まいの人は金銭的に余裕のある人が多く、有利になりやすいです。

 

審査では総合的に判断

ローンの審査では、その人の返済能力や信用について、様々な観点からチェックします。

 

たくさんの項目があるので、とても高いハードルに見えますが、全てにおいて完璧である必要はありません。

 

ローン審査では、スコアリングと言って、各項目に点数をつけ、その点数の合計点によって可否を決定します。

 

一つの項目が悪くても、他の部分が良ければチャンスがあります。